簡単ではない、でも追いかけたい夢がある。動物に燃える由佳

今回は、動物が大好きな農学部フィールド科学専修学科4年生の杉浦由佳さんが寄稿してくださいました。夢を追う彼女の言葉に励まされる方、多いのではないでしょうか?

 

 

アフリカのサバンナを駆け抜けるチーター、マダガスカルの大地をひょいひょいと動き回るシファカ、極寒の北極の地でたくましく生きるシロクマ…

これらは私が恋焦がれてやまない景色です。

いつか、彼らの生きた姿を直接見てみたい。そして、彼らの助けになりたい。
私の心には、そんな思いがずっとあります。

 

動物に関わりたい一心で大学まで

私は首都圏の郊外で生まれ育ち、毎日自然と触れ合うような生活を送ってきたわけではありませんでした。
幼い時から、異国の大自然の風景や、そこで生活する多様な生き物たちをテレビや本で見て、魅せられてきました。
それと同時に、世界には人間による狩猟や生息地の破壊等の影響により、個体数が激減していたり、すでに絶滅してしまった動物がいることも知るようになりました。

動物保護に関わりたいという思いは、中学生の頃には持ち始めていたのを覚えています。もともと動物が好きという気持ちが、自然と彼らに何かをしたいという思いにつながっていったのだと思います。

高校生になり、動物の仕事をするなら生物学を学びたいと考え、理系を選択しました。
そしてあるとき、生態学という学問に出会いました。これを勉強すれば、動物の保全に役立つのではないかとピンときました。

生態学とは、生物が、他の生物や環境とどう関わって生活しているのかを研究する分野です。動物の保全のためには、彼らが何を食べ、どのような生活を送っているのか、他の生物とどのように関わっているのか、またどのような生息地が重要なのか、といったことをまず知る必要があります。
生態学はこうしたテーマに直接的にアプローチできる学問だと、ほとんど直感的に感じたのです。

そして、大学では生態学を勉強できる農学部のフィールド科学専修という学科に進学しました。

 

 

簡単な夢ではない。正直不安もある。それでも挑戦し続けたい。

自信がなくなる事があるけれど、諦めきれない夢

正直、動物保護に携わりたいと考える人は、少なくとも日本では多くないのではないかと思います。

中高生のときも私の周りで動物保護に特別に興味を持っている人というのはいなかったし、もっとずっと色々な人が集まっている東大に入ってからも、動物保護に関わりたいという人に出会ったことはほとんどありません。

正直、簡単な夢ではないと思います。

「この資格を取ってどこに就職すれば良い」といったようなキャリアパスは全く明確ではないし、そもそも動物保護に関われる仕事は多くはありません。

だから、たくさん不安はあるし、先のことを考えると本当に実現できるんだろうかと自信がなくなってしまうこともあります。

でも、それでもなぜか、私はこの夢を諦めるという気持ちにはどうしてもなれないのです。

私の心を惹きつけてやまない動物たちと彼らの暮らす地に、何かしたい。助けになりたい。
その気持ちは衰えることがなく、ずっと私の原動力となっています。

 

自分が生きる事の価値を見出すとしたら、誰かに貢献する事

人生にはいろいろな生き方があると思います。

自分が大好きなことをとことん突き詰めるひと、周りの大切な人たちのために精一杯頑張るひと、興味のおもむくままにいろんなところへ飛び込んでみるひと。
自分が楽しい、あるいは幸せだ、と感じられるのなら、それぞれの生き方がとても良いと思います。

私の場合は、自分が生きたことで誰かの役に立ちたいという気持ちが強い気がするのです。

自分が生きることに何かの価値を見出すとしたら、それはだれかに貢献すること。
私はこれまで素晴らしい環境の中で、たくさんの素敵な人たちに巡り合い、多くのことを学んでくることができました。それを何かしらのかたちでどこかに返したいし、私にはその義務があると感じています。

そして、自分が今一番情熱を持てるものが、今厳しい状況にさらされている動物たちを救うことだと考えています。
私がこの世に存在したことで、彼らの状況が少しでも良くなれば、本当に素敵だと思うのです。

簡単ではないかもしれません。それでも挑戦し続けるつもりです。

 

ありがとうございました!

「Girls Be Ambitious!こんな私も東大女子」はコンテンツを募集しています!

くわしくは、こちら。

 

—–English————————————

A cheetah that runs across a large field of African savanna, a sifaka that hops across the ground of Madagascar, a polar bear that live in the harsh environment of the Arctic….

These are the sceneries that never stop fascinating me.
I have always wanted to see these animals in real life, and be of help for them

 

My dream since childhood

I grew up in the suburbs of Tokyo, and nature was not really a big part in my daily life.

However, I have always been attracted to the landscapes of vast wilderness around the world and various creatures living there.
At the same time, I gradually got to know there are many animals that have experienced a sharp decrease in its population or that are already extinct due to the overhunting of humans or habitat destruction.

I remember that I began to have a dream to be engaged in wildlife conservation when I was a junior high school student.
I believe my love for animals that I had since I was a child naturally led to a passion to do something for them.

I thought it was necessary to study biology to work with animals, so I decided to choose a science course when I was in high school. And at some point later , I came across a study field called ecology . It hit me that if I learned this, it will be very helpful in wildlife conservation.

Ecology is the study of how living things interact with one another and with their physical environment. For wildlife conservation, it is first essential to know what they eat, how they live, how they interact with other plants and animals, and what kind of habitats they need.
I felt almost by intuition that ecology is a study field that provide answers to these questions .

Therefore at UTokyo, I decided to major in ecology at the department of field science in the faculty of agriculture.

 

Pursuing the dream is not easy, but that’s what I want to achieve

To be honest , I don’t think there are many people who want to work in wildlife conservation at least in Japan.

I did not have any friend who had particular interest in wildlife conservation in high school, and also after entering UTokyo, where people with different backgrounds and ideas gather, I haven’t met almost anyone who hope to be involved in this field.

I don’t think it is easy to make this dream come true.
Its career path is not very clear and it is not straightforward like you should take this qualification and get that job. In the first place, there are not many occupations out there that can engage in wildlife conservation.

So I am very anxious, and sometimes I lose confidence and wonder if I can really realize this dream.

But somehow, I just can’t give up on this dream.

I want to do something and be helpful for the animals and the places they live that keep fascinating me.
This passion has always been with me and keeps moving me forward.

There are many ways to lead your life.
Some people pursue something they really love, others work hard for their precious ones, or just follow their intuition and try different things.
Every way of life is wonderful as long as you can enjoy yourself and feel happy.

In my case, I want to make my life helpful for someone else.

If I can find some value in my life, that is to make contribution to someone.
I have been able to learn a lot in a wonderful environment, encountering many awesome people.
That is why I want to pay it back in some way and I feel I have the responsibility to do so.

And I think what I can be most passionate about is to save animals that are confronted with severe conditions.
It will be really amazing if their situation will become better even for just a bit by my existence in this world.

It may not be very easy, but I’m ready to keep on challenging myself.

 

 

Thank you, Yuka><!

「Girls Be Ambitious!こんな私も東大女子」is now collecting the contents!

Come and visit us hereこちら。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です