ワクワクを感じたらやってみればどうかな?彼女らしい’私流5W1H’とは?

今回は、先日晴れて卒業を迎え、現在富山にて海洋環境関係のインターンを行っているPEAK生Kotoeにご寄稿頂きました。

いつも元気で面白いKotoeらしい文に、皆さんきっと励まされることでしょう!

ずっと前から投稿を頼まれていたのに、卒業できるかが不安すぎて今まで書けませんでした。お陰様で今月卒業できたので東大でお世話になった制度をちょいちょい紹介しながら書きます。

 

なんで私は東大に?

10歳の時にセヴァン・スズキの伝説のスピーチ(中高の教科書で読んだ人もいるかな?)を読んで以来、私は環境問題を解決する大人になることを決めました。高校生になり進路を決める時、環境問題に大きく貢献するにはまず知識が必要だと思い、大学で環境学を学ぶことを決めました。

当時私はイギリスでErin(You want something, go get it. Period. 留学生Erinが内に秘めいていた思いとは?) と同じくアイデンティティ・クライシスに陥っていたため、日本の大学に通いたかったのです。日本の大学で英語で環境学が学べる条件を満たしたのが東大のPEAKでした。

私を驚かせたチリでの災害

全学交換留学制度を使って、チリに留学をしていた時のこと、日本では普通レベルの雨がたった1日降っただけで首都サンチアゴの中心部で洪水が起こり、水道も電気もストップしたことがありました。

これはほぼ毎年起こることらしくて、私は「街の開発を進める前にこういう天候を考慮して計画すればよかったのに」と残念に思いました。

 

また、帰国前に参加したボランティアでは地震で崩れた教会の代わりとなる教会を建てました。

その教会の建築図は学生が描いたもので、特に専門家や自治体に図面を提出していないことを聞くと、「また地震が来たらこの新しい教会も崩れてしまうのではないか」と心配でたまりませんでした。

だから、環境との共生を考えたインフラを作りたい

以上で紹介したチリでの出来事もあり、将来は環境負荷を最小限に抑えた、地元の人が喜ぶインフラをつくりたいと思うようになりました。

土木の知識はないし、数学が大の苦手で不安だらけですが、4月からは内定先の建設コンサルタントの会社で技術力と専門性を高めて行きたいです。

 

Girls Be Ambitious!

私と同時期に入学したPEAK生は23人中19人が女子。生態学の研究室も過半数が女性。そして高校はイギリスの女子校。こんな環境にいたからか、女だから何かができないと思ったことはありません。しかしKomaba Writer’s Studio(東大前期課程の学生の英語力アップを助ける施設)のランチタイムディスカションを通して、「女子だから」が理由で志望校を変えたり、からかわれたりする子が本当にいるのだと知りました。

「女子だから」が理由で何かをやろうかやらまいかを悩んだら、その「何か」はあなたをワクワクさせるかを考えてみて、ワクワク感じたらやってみればどうかな?

研究室の卒業生写真に「Watashi Wa Wakuwaku Wo Wasurezu Hibi-sugosu」という私流5W1Hを急に思い立ってノリで書いちゃったのですが、やっぱりワクワクは大事なので、これからもワクワク感じることをしていきたいと思います。

Kotoe、ありがとう~!!

いつも元気で面白いKotoeらしい文章に、読む人もパワーを頂けます。
今は富山にいるようですが、寒い冬も乗り越えてくださいね!

 

「Girls Be Ambitious!こんな私も東大女子」はコンテンツを募集しています!

詳細、応募は、こちら。

 


English

Firstly, Aoi, apologies for making you wait for so long! (It’s totally fine! by Aoi)

It took me quite a while to write this article because I thought that I wouldn’t be able to graduate this autumn… Well the university let me graduate, so with gratitude to UTokyo, I embedded some advertisements about the great facilities and programmes this uni has 😉

 

Why did I come to UTokyo?

Since the day I (aged 10) wailed reading Severn Cullis Suzuki’s speech at the UN Earth Summit 1992, I decided to become an adult that solves environmental problems.

At school I joined the eco club and such but that didn’t feel enough. I believed that I needed more knowledge to help the environment in a bigger way, so I decided to study environmental science at university.

I chose UTokyo because having lived out of Japan for most of my life, I had an identity crisis (like Erin) and wanted to learn more about my home country. UTokyo PEAK was probably the only program where I could study environmental science in English at a Japanese university.

The Experience which made my dream clear

While I was studying abroad in Chile (using the University-wide Student Exchange Programme), there was a time when the Santiago (capital) city center was inundated and the power and water was cut off from just a day of normal (in Japanese standards) rainfall. Flooding occurs almost every year in this city and I felt that it was such a shame that such weather was not considered when developing the city considering how usually, Santiago was so convenient and comfortable.

Also, I was a volunteer to build a new chapel in replacement of a chapel that was destroyed by an earthquake in 2015. The new chapel was beautiful and all but when I heard that a student made the blue print and that the blueprint wasn’t submitted to any authorities or professionals, I was afraid that the new chapel would also crush in a future earthquake.

 

From these experiences in Chile, I started to think that I’d like to make infrastructure that is good for the local people and environment. I don’t have knowledge in civil engineering and maths is not my strong points, but from next April, I’ll start working in a construction consultant company.

Message ‘Girls Be Ambitious!’

Out of 23 students who entered PEAK in the same year as me, 19 were female. Also, over half the students in my lab were female and I attended an all girl’s high school. From such a female dominant background, I never thought that I couldn’t do something because I’m a girl. However, through lunch time discussions at Komaba Writer’s Studio, I realised that there are people who make decisions considering that they are women.

If you ever hesitate thinking “because I’m a girl”, why not think “Is this something that’s waku waku (exciting, making you heart beat faster and your body feel lighter)?”

If it does, let’s go for it!

Thank you Kotoe!

Hope you’ll have ‘waku waku’ future from the bottom of my heart.

 

「Girls Be Ambitious!こんな私も東大女子」はコンテンツを募集しています!

応募はこちら。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です