世界はいつだって違って見えるから。”I’m never sure what I’m going to be, from one minute to another!”

今回は、教養学部国際関係論コース4年のエリス直美さんに御寄稿頂きました。

彼女の哲学的な文章からは、ものすごくまっすぐで、何もかも彼女のもとに吸収されていきそうな力を感じます。

そして、彼女の文学的な英語も、声に出して読んでしまうほど洗練されたものなので、ぜひ読んでみて下さい。

こんにちは、教養学部4年のエリス直美です。

“I’m never sure what I’m going to be, from one minute to another!”

突然ですが、私の一番好きな本は、みなさんもきっと馴染みの深い『不思議の国のアリス』です。ディズニー版(もいいけれど!)じゃなくてルイス=キャロルの原作のほうで、これは哲学的な考察がたっくさん詰まった本当に素敵な本です。中学生の時に読んで、魅了されました。

そのなかのチェシャ猫のセリフで、“I’m never sure what I’m going to be, from one minute to another!(自分が次の瞬間に何になるかなんて、決してわからない!)”というセリフがあります。

本当にこの言葉のとおり、人って毎瞬毎瞬変化していくものだなと思います。

アリスと話をするチェシャ猫

 

 

ドイツに1年間行って

高校一年のとき、すごく充実していた一方で少し息苦しくもあった日本での生活を一度離れたくて、人も言葉も何も知らないドイツに一年間行きました。行き先は人口400人の小さな村、私は村の教会の牧師一家の家に住んでいました。

クリスマスにオルガンを弾いていた村の教会

英語はもちろん通じなくて、時間の流れ方から人々の話し方や動き方まで、あまりに自分の見知っていたものと違って、それまで自分を15年間支えてきた価値観がひたすら根底から崩されていく毎日でした。

日常の一コマ一コマで日本とドイツ(東洋と西洋)をひたすら比べていく中で、それぞれの文化圏での音楽や小説、建築様式や教育制度、政治、そしてなにより言語…それらが見事に互いにリンクしていることを発見して(たとえば、東洋と西洋それぞれにおける人間と自然との関係や、家屋の建て方は、それぞれの文化圏で伝統的に好まれる音楽に関係しているし、小説の中の人物描写の仕方の違いや、物語の中の試練への立ち向かい方の違いにも表れています)、当時すごく感動したのを覚えています。

そして帰国間際に親に向けた手紙に書いてあったのは、
「日本の受験社会はなんの意味があるの?私はもう受験なんてしない。ここで果物と動物と一緒に一生満足して暮らしていけるから」(笑)。

春に生まれた子羊たち

 

価値観って危ういなぁ

もちろん帰国してから時間が経つにつれて、受験や日本社会に対する考え方は良くも悪くもまた「中和」されていって、結局みんなと同じように受験もしたのですが、それ以降、
人の価値観とか世界観ってこんなに相対的で危ういのか…ちょっと違う世界に入ってみるだけでいくらでも変わり得るのに…どうしてみんな自分の価値観を無意識のうちに絶対視しているんだろう…」
と考えるようになりました。
ニュースの報道の仕方とか、本の書かれ方とか、まわりの人たちの話し方とか…日常生活のいろいろな場面で違和感を感じるようになりました。

もちろん、世間で「ふつうに、まともに」行きていくためには、自分の意見を何かしらもたなくてはいけないし、目の前の物事をどうにか分類、判断していかないと、人はたぶんこの世界の重圧に耐えられません。

でも同時に、自分の意見ってものをそんなに糊でガッチリ固めてしまわないで、いつも隙間風が通るくらいにしておくのもいいなって思います。

そうやって気軽に身構えてみると、ふつうの「日常」のなかにも、私たちの考え方や感じ方を揺らして、ずらしてくれるものってたくさん潜んでいる気がします。

 

この世界は巨大な本で、映画で、詩で、ドキュメンタリー!

たとえば、NHKのドキュメンタリー番組って本当に面白い。近未来データ社会の可能性と脅威、無名の詩人の一編の詩に込められた思い、ガラスの歴史が秘める数々の偶然、新種のウイルスの解明から昨今のテロの分析まで、ありとあらゆるテーマを毎週放映していて、見終わるたびにまわりの景色が少し変わります。

友達と話していても一緒。就職している友達にしても研究している友達にしても、会社という組織のなかで実際に働いてこそ見えてくる社会の現実的な側面や問題を教えてくれたり、もしくは今まで存在も知らなかったような芸術や理論の真新しい世界を生き生きと描いて見せてくれたり。

そして、もちろん一人でいても、世界の豊かさに変わりはありません。電車から眺める外の景色とか、静かなお寺の鐘の音とか、雨が降った後の葉っぱから滴り落ちる水の粒とか…

そういう小さな瞬間ひとつひとつが、そのとき考えている問題(政治であれ哲学であれ恋愛であれ何であれ)気になっていることに小さなヒントをくれることがあります。

そして、毎日のいろんな場面で出会ったモノやコトを繋げてみようとするだけで、頭の中で果てしない地図が書けるし、それはたまらなく楽しいし、そんなときにはやっぱり、「考える」動物である人間に生まれて幸せだなぁって心から思います(笑)。

 

もうちょっと具体的な話

だいぶ抽象的な話になってしまったので少し具体的なことに戻すと…。

私は大学では国際政治/政治理論を勉強しています。でも長期的にやりたいのはむしろ、「理論で説明」しきれないモノゴトの側面、それこそ、こういう日常生活の中の偶然の発見とか驚きから得られるヒントとかを、なんとか、「政治」っていうとても具体的で説明的な学問分野に繋げてみたいなぁと思っています。

今年の5月まで留学していた米・ジョンズホプキンス大学で受けたWilliam Connolly氏という人の政治哲学の授業で、今までにない衝撃を受けました。

その授業では、近代哲学やギリシャ神話、さらには時間論や宇宙論、生物絶滅論といった理系のテーマを扱う中で、分野の垣根を越えて人間の「思考」がどうやってフローして(流れて)いくのかについて、考えました。

具体的には、たとえば、「9.11後のアメリカ社会を中心に見られた、『特定の、唯一の悪の源泉』を追及しようとする信念はどうやって人々の価値観に流れ込んだのか」とか、「新惑星の接近やゲノムの突然変異といった宇宙や遺伝子レベルでの偶然の変動が人間の世界観や政治観にどんな影響を与えうるのか」とか、「ニーチェが『ツァラトゥストラ』で示唆する「多元的社会」とはどんなものなのか」などなど…そんなことをひたすら考えて、議論して、読んで、また考えて…あんなに斬新な授業ははじめてでした。

とても抽象的なテーマではあるのですが、体系的な「説明」に終始しないこの学問は、私にとってとても、とっても魅力的です。


コノリーの授業ノート。またこんな授業受けたい…!

 

でもやっぱり柔軟でいたい!

という感じで、今はどこの院でどんなことを勉強したいか徐々に考えている段階ですが、冒頭に戻って、やっぱりいつも、自分に対して柔軟でい続けたいなと思います。上に書いた興味も、留学後にまた刻々と変形してきています。

ジュネーブで国際機関についてのサマースクールに参加したり、ベルリンで難民支援のインターンをしたりするなかで、毎回、また全然違った刺激を受けました。

いつも、ほかの分野で働く人、ほかの考えを持った人たちの世界に開かれていたい。それはこの先、具体的な研究テーマや将来の職業を考えていく上でもずっと心に留めておきたいことです。

 

最後に、私の好きな絵を紹介します。ベルギーの画家、ルネ・マグリットの『終わりなき認識 La reconnaissance infinie』という絵です。

マグリット、終わりなき認識

以下は私の勝手な解釈ですが…。

この男はこの球のたった一点の上に立って、まわりの世界を眺め渡している。でも一歩踏み外したら、きっと、一気に滑り落ちてしまう。

私たちも同じかもしれない。私たちも、一人一人が自分の、自分だけの一点の上に立って世界を眺めているわけだけど、そんな認識の枠組みは実はすごく危うくて、一歩踏み外したら滑り落ちちゃうような、美しい球体の上の一点かもしれない。

私はいつか滑り落ちそうになった時にびっくりしすぎないように、この球の丸さそのものをいつも認識していたいな、と思っています。

 

直美さん、どうもありがとうございました!

実は、彼女に依頼した時、

”私も書かせてもらえるなら是非!
でもむしろ私は「東大」とか具体的な大学はどうでもいいから、それより世界ってなんなのかとかそういう方向性で書いてもいい?笑

と来て、「さすが大物だわ~」と笑っておりました。

これからも、まっすぐな心で、色んな刺激を受けて、お互いもっともっと成長していきましょう!
私も’この球の丸さをいつも認識して’、常に自分をアップデートしながら生きていきたいと思います。

 

「Girls Be Ambitious!こんな私も東大女子」はコンテンツを募集しています!

詳細、応募は、こちら。

 

(English Ver.)

“I’m never sure what I’m going to be, from one minute to another!”

To begin with, my favorite book is “Alice in Wonderland”, a book probably a lot of you know. The Disney film version is nice as well but I prefer the original story written by Lewis Carroll in 1865. It is such an insightful book full of questions on philosophy, language, time…etc. I first read it when I was 14 and was immediately captured by it.

 

In the story, there’s a scene where the Cheshire cat says:

“I’m never sure what I’m going to be, from one minute to another!”

This is so true, we keep changing from one minute to another, and that is something I find simply fascinating.

The Cheshire cat talking to Alice

Spending 1 year in Germany

When I was 16, while enjoying my life a lot at high school in Japan, I felt a sense of emptiness and suddenly wanted to go somewhere I had never been to before and knew no one living there. That turned out to be a little village in former Eastern Germany with a population of 400. I was living with a priest’s family in front of a medieval church.

The village church I went to every weekend

The way people think, talk or even walk, the way time flows… each bit of life was so different from what I had been used to, that my values were (surprisingly easily) shaken and torn down, and this experience made me think for the first time, what it meant to be “myself”. Who I am? Just a bunch of values that are never absolute?

In a letter I wrote to my family at the end of my stay, I said

“I don’t see the point anymore in struggling so much to get into a good university in Japan. I am happy to live here for the rest of my life, surrounded by fruit trees and lovely animals”.

The adorable lambs born in spring!

 

 

 

How fragile our values are…

Time back in Japan obviously cured and “neutralized” my critical views on Japan’s society and educational system, and I ended up setting the entrance exams for university as all my friends did.

But ever since I began to question the confidence people seemed to place in their own views and thoughts. That questioning took place in many daily scenes: how the news is covered, how a book is written, or how people simply talk to each other.

Of course, we need to have some sort of our own opinion and thought in order to “properly” live in a society and in order to classify and judge things and experiences in ways that are comprehensible to us.

However, I find it good, or rather necessary (though I don’t want to insist too much), that we always keep an open path in the process of building ourselves, where fresh air can find its way through. And when you take a step back and view the world around you with this slightly more relaxed state of mind, you will probably see how abundant this world is with little moments that can tilt your way of thinking and feeling.

 

This world is a huge book, movie, a poem and a documentary film!

 For example, documentary films on TV are amazing. NHK films cover such a wide range of topics: from the near future of a data-centric society to the number of coincidences that lead to the invention of glass, from the discovery of a new virus to the aesthetic sense instilled into a piece of poetry…. Every episode, whatever genre it is, slightly influences the way I see the world around me.

It’s the same when I’m talking with my friends, whether they are working in a company or doing research at graduate school. Some would tell me about the struggles and challenges in society that can only be seen by working inside a company, others would fascinate me with a world of art or theory they present with passion.

And of course, the world is equally abundant when you’re alone as well. The scenery you see from the window of the train, the ring of the bell at a Japanese temple, or even the water drops that trickle down a piece of leaf after rain…each of these random little experiences seem to blow into me some fresh air and give me a hint for whatever I am thinking at that moment, whether it’s a piece of political news or a chapter of a book I’m reading, or my plans for the weekend.

I could spend hours thinking of ways to connect these scattered experiences and to draw an imaginary map in my mind. I love this moment, and that’s when I’m so grateful that I was born as a human being, an animal that can “think”.

 

So what do I want to do?

 Right now I’m studying International Politics and Political Theory at my university. But what I want to do in the long run is to somehow illuminate the aspects in politics that cannot necessarily be “explained” by an overarching theory. I want to find a way that I can bring into politics, the little surprises and shocks we get from experiences in our every day life.

At Johns Hopkins University, where I was studying for a year until this May, I took a class by Professor William Connolly, a class that has truly changed my life. By digging into Ancient Greek tragedy to Modern Nietzschean philosophy, the theory of time, space and even that of extinction, we discussed how one’s “thoughts” or “beliefs” are created at multiple levels, flowing in and out each other in accidental ways.

This relates to various themes: the temptation to search for a single source of evil that flowed beneath the thoughts of people in the US after 9.11, the ways in which the approach of a new planet or some genetic mutation may influence people’s views on the world or politics, and what for a “pluralistic” society Nietzsche may be suggesting in “Zarathustra”…etc.

This field, which goes far beyond the “explanatory” approaches in politics, is too attractive and inspiring for me to distance myself from that easily 🙂

So happy I encountered this class.

 

After all, I want to stay open minded!

Now I am at the stage of considering where and what I want to study in the near future, but whatever that may be, I always want to stay open minded.

During the summer, I participated in a summer program on international organizations in Geneva, and did some internships at refugee support organizations in Berlin. These had again very different impacts on me, and right now I am trying to digest and work upon those experiences.

Whatever I end up doing, I wish, from the bottom of my heart, that I can always keep myself open to different people in different fields, with very different principles and different values.

 

In closing, this is one of my favorite works of art: “The Infinite Recognition, La reconnaissance infinie” by Rene Magritte.

I see it as a man standing on the only point of a globe he could possibly stand on, and looking down upon the world around him. He can slip down the globe anytime, and his whole worldview may be overthrown, but does he know that?

Every point seems flat and stable when you stand on it, but it’s after all just one point on a huge globe.

I hope I can always recognize that I’m standing on the curves of a globe that are much more slippery than they seem.

 

Thank you so much, Naomi;)

You are always inspiring. Keep on being yourself while always open to new worlds!

I’m sure we can make our own effort in order to make the world better place no matter where we are.

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です