お茶の水女子大学附属高校にて、講演させて頂きました!

9月21日、お茶の水女子大学附属高等学校にて、1年生120人に向けて、私たち2名により約40分間の講演をさせて頂きました。

21世紀生まれの彼女たちに、きらきらとした好奇心の目で見つめられると、私も少し緊張しました。

内容は、キャンパスライフの紹介と、合格までの道のり、の2本立て。

前半は、東大の魅力を3つ紹介しながら、実際の私のキャンパスライフをお話しました。

1年生、2年生、3年生、4年生とお話していく中で、だんだんクレイジーになってきた事に皆さんざわざわ・・・。

ピュアな大学1年生
あれ、、、

「うーんと、今は、旅をしてます(笑)」って所では笑いがおこりました。

でも、‘楽しい’学生生活の様子が伝わったようで何よりです。笑

 

 

後半は、「では、どうやって受験勉強してたか?」というもう少し具体的なお話。

最初に強調したのは、
「特別な人が受かるのではない。当たり前の事を当たり前に愚直にやり続けた人が合格します」という事です。

「強い人が勝つんじゃない、勝った人が強いんだ」という、旧西ドイツのサッカーチームの元主将の言葉を引用させて頂きました。

 

(余談)母が匿名でやってるブログより

と、熱をもって言ったところで、ちょっと余談を。

先日たまたま母が匿名でやっているブログを見つけてしまったのです。笑
こちらに私の高校生時代の頃の様子が書かれていたので、引用を紹介しました。(高校生、笑いの渦)

その中に、

”どうやら、夏休みの初めに、夏休みの計画を細かく立てたようだ。毎日、何をやるかきっちり書いていて、予定ではお盆までには宿題をすべて終わらせ、お盆以降をゆっくり過ごすという計画なんだそうだ。自分の立てた目標を毎日クリアするのに追われ、忙しいらしい。

昨夜も、娘は阪神タイガース大ファンなのに、阪神が8回に1点差に追いつかれ、9回も藤川がヒット2本打たれてピンチ!!というまさにその場面に、「だめだ、こんなことしてちゃ」と言って立ち上がり、2階の自分の部屋に上がって行った
不思議だ。自分の娘ながら、いつも締め切りぎりぎりまでタスクをため込む自分と正反対だ...”

とありました。

ここで言いたかったのは、「みんな頑張っている」という事です。受験と言えど、「覚悟を決めて、徹底してやり切る」事が必要なのです。

「なんで私が東大に!?」的な現象はありえない。どんなに頭が良いって言われる人も、ものすごく努力しているのです。
楽な道なんてなくて、それを分かって覚悟決めて徹底した努力を続けられる人だけが、合格してる気がします。

 

後半は、より実践的な受験談

っていう精神論を語ったところで、バッター交代!!笑

 

ここからは、3年生の大塚さんが、すごく具体的かつ実践的な受験勉強のお話をしてくれました。

 

あれ、皆さん必死にメモを取り始めた、、、!!

 

という感じで、あっという間に講演終了。

 

カラーが出る質疑応答

質疑応答を募ります。

最初は皆さん遠慮気味ですが、ぱらぱらと手が挙がり、最後は先生が「もう木村さんでおしまいにしますから!!」としめてくれました。
質問は、塾と学校の調整に関するものが一番多かったですね。

以前「東大女子は彼氏いないって聞いたのですけど、あおいさんの彼氏はどんな感じなのですか?また高校生の時の恋愛はどんな感じでしたか?」という、とても元気な質問を受け、会場騒然。
「お、おお」と笑いつつ、なんか静まり返った中での皆さんの視線が凄かったので、「あーあなんでこんな事マイクで話してるの~」と思いながら、べらべらと歴史を語ってました。笑
(皆さん、さすがにメモは取ってませんでした。笑)

という事を踏まえると、今回の質問はとても落ち着いてましたね!笑
「家が遠いのですが、、、」など、具体的な心配事も打ち明けてもらえて良かったです。

 

このような感じで、一コマ分お時間を頂き、講演とさせて頂きました。
少しでも実りあるお時間となっていれば幸いです。

では、また!

 

Girls Be Ambitious!は、全国の中学・高校に派遣講演をさせて頂いております!

詳細・応募はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です