You want something, go get it. Period. 留学生Erinが内に秘めいていた思いとは?

今回は、この夏、東京大学を卒業し、アメリカのコロンビア大学大学院に進学したErinに御寄稿頂きました。

とってもスマートで奥ゆかしいErin。そんな彼女の秘める思いとは?

(訳・中小路葵)

なんで私は東大に?

正直に言うと、高校生の頃は、この決断をするなんて夢にも思わなかったし、今日いる場所にいるなんて予想もしませんでした。大体の友達が行っていたアメリカの大学に行く気満々だったのです。

1か月間選択肢を吟味して、自分の為に敷かれていたレールから逸脱し、東大のオファーを受ける事を決断しました。

確かに、学費は大きな要因だったのですが、それだけが理由ではありません。私はいつも自分の日本語能力に不安を抱えていたし、日本人の両親を持ちつつも日本以外で育った自分の、日本人としてのアイデンティティに困惑していた事があります。

なので、東大に留学する事は、「日本人である事」がどんな意味を持つのか(もしそんなアイデンティティというものが本当に存在するとしたらの話ですが)、再発見する機会であり、また、海外で育ってきた事によってうまくかわしてきた日本語の能力の低さに立ち向かうチャンスで会ったのです。

うまくいったでしょうか?ううん、分かりませんが、でも前よりは日本語がちょっとだけうまくったって言えるでしょう!

 

東大に来て印象的だったことは?

東大での様々な経験は、私の世の中に対する見方を大きく変えました。とりわけ、東大、そしてPEAKでは、自分自身が驚くほど多様なコミュニティに身を置いていると気付いたのです。

ここでの4年間を通して、様々な種類の人々に会う機会に恵まれました。
例えば、日本から一度も出た事の無い子がいる一方、Third culture kidの子たち(訳者注・両親の国の文化を第一文化、生活している国の文化を第二文化とした場合、そのどちらでもないはざまの文化で育った子どもたち。Erinは日本人の両親を持ち、ベトナムやフィリピンで生活しつつ、インターナショナルスクールで育った。)がいて。卒業後何がしたいか明確に見えている人々、すでに自分自身の企業を立ち上げた人、大きな夢を持った学生たち、社会的な期待や規範から逃れたいと思っている人たち、、、色んな人に出会いました。

私は以前は東大は多様性に欠けると思っていたけれど(今でもある点ではそうです)、このように均質的に見える社会でも、多様性を見出す事が出来るのですね。私たちはそれに気づく必要があるだけです。

 

将来はどんな事がしたいでしょうか?

それはGood questionですね。私の現在の関心は、健康と環境の関係性で、それを大学院でも研究します。

将来は、研究を通してこの両者の関係性に関する知見を構築する、もしくは、どちらか一方を犠牲にしないでも人と環境の両者の共存を強固にする政策立案に関わりたいと思っています。

 

 

メッセージ’Girls Be Ambitious!’

“Don’t ever let someone tell you, you can’t do something. Not even me.
You got a dream, you got to protect it.
People can’t do something themselves, they want to tell you you can’t do it.
You want something, go get it. Period.”

-Chris Gardner in The Pursuit of Happyness

 

君には無理だなんて誰にも言わせるな。パパにもだ。
夢があったならそれを守らないといけない。
自分で何かをできない人は、人に「お前は無理だ」と言う。
何か欲しけりゃ取りに行きなさい。それだけだ。

-クリス・ガードナー『幸せの力』

 

この名言が大好きなんです。
誰かや何かがやりたい事をあきらめろって迫る時、すごくがっかりします。でも私たちはみんな多かれ少なかれこんな経験あるでしょう。

この名言は、何かに対してパッションがある時、私たちはそれに向かって頑張れるし、頑張らなければならない、と思い出させてくれるのです。私たちはみんなそのチャンスを掴むことを切望しているのですから。

 

Erin、ありがとうございました!

ニューヨークに遊びに行かせて下さいねー!

「Girls Be Ambitious!こんな私も東大女子」はコンテンツを募集しています!

詳細、応募は、こちら。

ーーーーーー

(Original)

What brought you to todai?

To be honest, when I was a high school senior, I never expected myself to make this choice and be where I am today. I was set on going to college in the U.S., where pretty much all my high school friends were headed.

After a month of weighing my options, I decided to deviate from the path that had been paved for me and accept the offer at the University of Tokyo.

I must admit that the tuition was a significant factor, but not the only reason for my choice: I had always been insecure about my Japanese language abilities and was also rather confused about my Japanese identity. Todai was therefore my chance to rediscover what it meant to be “Japanese” (if such an identity really exists) and to confront all my language insecurities that I had skillfully avoided during my upbringing abroad.

Did it work? I am not too sure, but I can say I’m a tiny bit better at Japanese than I was before!

 

What’s the most impressive experience at todai?

Many experiences during my time at Todai really challenged my perceptions. Above all, through Todai and PEAK, I found myself in a surprisingly diverse community.

Throughout my four years here, I got the chance to meet all sorts of people: people who have never traveled abroad, third-culture kids like me, people who know exactly what they want to do after graduation, and others who have no idea what is in store for them. I’ve met students who already have their own startups, students with big dreams, and students who want to deviate from social expectations and norms.

Although I previously believed that Todai is not diverse enough (and I do still think that this is, to some extent, true), I found that even in a seemingly homogenous society, we can find diversity. We just need to notice it.

 

 

What do you wanna do in the future?

Now that is a great question. My current interest is the interaction or relationship between our health and the environment around us and that is what I am pursuing in my master’s program.

In the future, I would love to either build on our knowledge of these interactions through research or be a part of the policymaking process that ensures that both people and the environment can coexist without collapsing on each other.

 

Message ‘Girls Be Ambitious!’

“Don’t ever let someone tell you, you can’t do something. Not even me. You got a dream, you got to protect it. People can’t do something themselves, they want to tell you you can’t do it. You want something, go get it. Period.”

-Chris Gardner (Will Smith) in The Pursuit of Happyness

I love this quote because it can be really discouraging when someone or something scares you into giving up what you want to do, but we have all experienced this to some degree.

This quote serves as a reminder that if you have a passion for something, you can and should fight for it. We all deserve to have that chance.

 

スポンサーリンク

“You want something, go get it. Period. 留学生Erinが内に秘めいていた思いとは?” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です