女性はティーバックのようなもの。中国出身の才女が語る女性像

今回は、中国生まれ、中国育ちのPEAK4年生のChloeにお話を伺いました。

私たちのポテンシャルに気付いていますか?とてもsmartでambitiousな彼女の力強い言葉は、大変刺激になります。

(訳・中小路葵)

 

なんで私は東大に?

東大に来る決断は、完全に自分自身への挑戦でした。

私の友達や家族はほとんど北米かイギリスの大学に行っていて、私も同じように考えていました。

全く日本のバックグラウンドがないので、先輩が東大をすすめてきた時は衝撃でした。
しかし、違う視点から見ると、言語的にも文化的にも全く関係のない経験を積む事は、私にとって新しい発見のチャンスだと考えました。

私はまだ若い。今までやった事の無い事にチャレンジする勇気を持つべきではないか。そう考えました。

こうして私はアメリカの大学の合格と奨学金をお断りして、東大に来ました。
そして、世界中から集まった素晴らしい友達に出会いました。日本語と、日本文化もゼロから学びました。
東大は私に留学や研究で他の国のトップ大学に行ったり、様々な学問の興味を刺激するコースや活動に参加する機会を与えてくれました。

私は、3年前の私の決断に感謝してもしきれないのです。

 

 

東大での留学生活は充実度100%です

東大は私がイメージしていたよりも’優しい’です。

日本一の大学であり世界のトップ大学の東大の学生や教授は、頭は良いけど気難しい、という噂があります。でも私には、学生も教授も素晴らしく賢いけれど、同時に、彼らはフレンドリーで親切で、私を助けてくれます。

それから、東京は楽しい都市だと聞いていたけれど、こんなにAmazingだとは思いませんでした。
私は友達と、東京のレストランやカフェ、パン屋さんやケーキ屋さんを探索するのをすごく楽しんでいるし、私はいつもそれらがどれだけ美味しいかに驚いてるのです。

旅もまた楽しいです。電車を使えば、週末や休暇に、遠い所近い所だいたいどこにだって行けます。

私の大学生活は飽きることなんて全くありません。

 

 

私の将来の2つの夢

夢は、2つあります。多様な文化の人を繋げる事と女性エンパワメントに貢献する事です。

色んな場所での留学の経験から、人と人の間のコミュニケーションとつながりが最も重要だと学びました。

私は、東大への留学に加え、スタンフォード大学やオーストラリア国立大学、台湾国立大学に短期留学に行ったり、この秋から1セメスター、プリンストン大学に交換留学に行きます。
こうして全然違う国やバックグラウンドの人たちと会う事で、私は、目に見える違いに関わらず、私たちを繋げる共通項がある事に気付きました

私の専攻は日本・アジア学です。私は、文化がどれくらい似通っているか、どうしたら無視や排除の代わりに、違いを称賛、尊重できるかを、より多くの人に伝えたいのです。

 

2つ目の夢である、女性エンパワメントに私が興味を持つようになったのは、スタンフォードでフェミニズムの歴史を学んだ事から来ています。

加えて、この夏に投資銀行でインターンをした際、このいわゆる男性優位な業界で、輝く女性社員や女性リーダーに会いました。一方で女性がキャリアにおいて昇進していくのがどれだけ難しいかが分かってきました。

女性に対してもっと開かれた社会にする為により多くの努力が必要です。
一方、女性としても、私たちはすでの沢山の女性が大きな発言力を持って活躍していて、より良い世界を築く為に、私たちもそんな人の一人になるべきだと、もっと自覚的になる必要があります。

 

 

メッセージ’Girls Be Ambitious!’

「女性は、ティーバックのようなものなのです。熱いお湯に浸かるまでは、どれだけ強いか分からないのです。」

女性は、強くある為に威圧的である必要はありません。しかし、自分自身の強さや回復力(レジリエンス)を信じ続けるべきであり、それでこそ男性と同じ高さまで登りつめることが可能になります。
だから、授業で発言する事、リーダーシップを発揮する事、不平等に対して立ち上がる事はどれも全然恥ずかしい事ではありません。

Be ambitious!
大志を抱きましょう。そしてその強い意志が、私たちをもっと大きく羽ばたかせるのです。

 

 

Chloe、ありがとうございました!

自分たちの能力に自覚的である事、それによって道が拓かれてくる事。そんなことメッセージが伝わってくる気がします。

 

「Girls Be Ambitious!こんな私も東大女子」はコンテンツを募集しています!

詳細、応募は、こちら。

 

(Original)

What brought you to Todai?

It was totally a decision to challenge myself. When I was applying to university, most of my friends and family members went to study in North America and the UK, and I was thinking the same. With no Japanese background at all, I was shocked when my senpai recommended me to apply for Todai. Yet from another perspective, having no related experience in the language and the culture actually became a chance for me to explore and discover. I’m still young, I thought then, and I should be brave enough to try things I have never done.

Thereby I declined the offers and scholarships from the U.S. universities and got into Todai. I have then come to a school where I meet amazing friends from all over the world, and study Japanese lanaguge and Japanese culture from scratch. Todai offers me opportunities to travel around top universities in different countries for exchange and research, as well as courses and activities to stimulate my academic interest in various disciplines. I cannot appreciate more for the decision I made three years ago.

 

What’s the most impressive thing during your exchange exploration?

Todai is much more 優しい than I previously imagined. There are clichés and rumors about how Todai, as the best university in Japan and top in the world, hosts smart yet difficult students and professors. To me, it is true that professors and students are extremely bright and engaging, but at the same time they are always friendly, kind, and willing to help.

Also, I had heard that Tokyo is a fun city before coming, but never thought it would be that amazing to live in. My friends and I have enjoyed discovering restaurants, cafes, bakeries, patisseries within Tokyo and we are always surprised by how good they are. Traveling is great fun as well. With the trains we can basically go anywhere, far or close, during weekends and holidays. My university life here never gets boring.

 

What is your dream in the future?

I have two dreams in mind: connect people from different cultures and contribute to empowering women.

Interpersonal communication and connection is the most important thing I have learnt from my various exchange experience. In addition to my identity as a foreign student at Todai, I have been to Stanford University, the Australian National University, National Taiwan University for short-term studies, and am going to Princeton University for semester-exchange from this fall. Meeting with people from all different countries and backgrounds, I found we always have something in common to connect with each other despite the apparent differences. My major is Japanese and East Asian studies, and I want to share with more people how similar the cultures can be, and how we can appreciate and respect the differences instead of ignorance and alienation.

Second, my attention on empowering women derives from my study about Feminism History back at Stanford. Earlier this summer I did my internship at an investment bank, where I met with inspiring female colleagues and leaders in the so-called male-dominated industry, but also realized how difficult it remains for women to advance in career. There are many efforts needed for the society to be more open to girls, but as girls we should first realize that there are already a lot of females making their voices heard and we should become one of them to make the world better.

 

Message ‘Girls Be Ambitious’

“A woman is like a tea bag—you never know how strong she is until she gets in hot water.”

Girls do not need to look intimidating in order to be strong. But we should have faith in our strength and resilience that can bring us to the same height as men can achieve. It is thus no shame to speak out in class, to pursue a leadership role, or to stand up against inequality.  Be ambitious, and your perseverance will take you further.

 

 

Thank you, Chloe!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です