コナンを追いかけて日本へ東大へ!ニュージーランドからやってきたZhuxi

今回は、ニュージーランドからの留学生Zhuxiに語って頂きました。

コナンが好きすぎて日本へ、、、!?

(訳・中小路葵)

 

なんでZhuxiは東大に?

東大に来たのはひょんな決断でした。高校3年生まで、イギリスかオーストラリアの大学に行こうと思っていたのです。でも、何がどうなったのか、今私は日本にいます笑

その時まで、東大について何も知りませんでした。素晴らしい評判以外は。

単純に、私は日本への興味から、東大を選びました。

 

コナンを追いかけて日本へ東大へ

3,4歳の時から、名探偵コナンやセーラームーンといったアニメを観ていて、アニメ文化に浸れば浸るほど、日本語をもっと習いたくなりました。

「なんだばかげている」と思うかもしれませんが、自分自身の内なる声を聴くと、このことは自分にとって大きな事だったのです。

日本語が分からないので、英語の字幕に頼らねばなりませんでした。

高校生の時、4月に公開されるコナンの映画をすごく観たかったのですが、10月まで字幕バージョンは出てこなかったのです。この半年間がもう待ちきれなくて待ちきれなくて。
このことがあって、コナンの映画が出たらすぐに観れるように、真剣に日本語を勉強しようと思ったのです!!

東大の必修授業に日本語の授業がありました。これは完璧だと思いました。
東大に来たら、日本語を勉強できて、単位が取れて、そうしているうちに、全部のアニメと漫画を観れる!!!

 

長い話を短くすると、日本に、東大に来たのは、主にコナンのためです!!笑

2014年10月に東大に来て、第19回の映画「業火の向日葵 」を観ました。話の40%くらい分からなかったけど、そんなの幸せすぎてどうでも良かったです。

 

あの決断のおかげで、私はこの大学で素晴らしい友達と思い出を作る事が出来ました。

今考えると本当に面白いのですが、他の場所で学部時代を過ごす事なんて想像できません。

 

心に残ったことは?

日本人の英語がうまかった!

始めに驚いたことは、皆さんの英語がとても上手だったことです。

日本に来た時、全然日本が話せなかったので、日本人学生とは英語を混ぜて話さなくてはなりませんでしたが、いつも理解してくれました。
私は感心し、とても安心したのを覚えています。

その後、東大入試には英語が科目としてある事を知り、さらに驚きました。

 

日本人は英語シャイ

次に驚いたのは、みんな英語が上手なのに、使う事をとても恥ずかしがっている事です。

私も最初に日本人に日本語で話しかけなければならなかった時、とても緊張していました。ずっと発音とか文法とか考える間とかをずっと気にしていました。

でも、部活に入ってから、日本語を毎日話さなくてはならなくなり、もはや気にすることがなくなりました。部員はみんな親切で私の日本語能力に理解があったのです。
だんだん、日本語の下手さで自分自身を責めることがなくなってきました。

自分自身の経験に照らし合わせて、日本人学生と英語で話すとき、彼らに間違いなんて気にしなくて良いから、もっと話すようにって言います。
練習すれば練習するほど、自身を持つようになるって知っているので。

みんな素晴らしい英語力です!だから、恥ずかしがらず、どんどん私に話しかけに来てください!

そんなZhuxiの将来の夢は?

将来やりたい事はありますが、今は他の色んな事に挑戦しています。

今確かに言えることは、ケアフリーな未来になって欲しい、という事です。

どんな社会かというと、自分が楽しい事をやって、その過程で収入を得る事が出来る。値段を見ずに何でも買えて、自分に一番近い人が自分を必要としているときに助けることが出来る、というのが私の夢です。
こんなこと出来る為には、高給取りになってなくてはなりませんね、、笑。

 

両親のように自分のビジネスを持ちたい

冗談はさておき、長期的には、人の為に働いている自分は理想として描いていません。

自分の両親はほとんどずっと自分のビジネスをやっています。
彼らを見ていると、自分自身のビジネスをやるのは、簡単なことではないな、と思います。
彼らは6時に起きて、8時に帰ってきて、週6日働いています。長時間労働と普通の収入に関わらず、私は彼らを尊敬します。

自分のビジネスをやると、お店の開く時間や商品の値段やクリスマス休暇の長さなど、自由があります。
私もそんな自由を持って、自分自身のライフスタイルをコントロールしたいです。

企業で働く事を敬遠しているわけではなく、むしろ近未来的にはそうなっていると思います。

しかし、最終的には、自分自身のビジネスの主役でありたいのです。例えそれがニュージーランドの小さなお店であったとしても、、、

 

メッセージ’Girls Be Ambitious!’

東大女子である事は、変に意識してしまう事があると思います。

なぜならすごく少ないから、目立ってしまうのです。また「結婚できない」といった良くない冗談もありますよね。

でも、そんなの単にばかげています。

私がこの大学で出会ったすべての女子学生はとても夢と希望にあふれてて、自信を持って前に進んでいます。そして、女性らしい一面も沢山見てきました。

自分たち自身を信じて、そんな冗談言う人たちを見返してやりましょう。

 

ありがとう!Zhuxi!

 

「Girls Be Ambitious!こんな私も東大女子」はコンテンツを募集しています!

くわしくは、こちら。

 

(Original)

What brought you to Todai?

Coming to Todai was quite a spontaneous decision. Up until the last year of high school I was focused on universities in the United Kingdom and Australia, but one thing lead to another…and now I’m in Japan.

Back then I didn’t know anything about Todai, except for its impressive reputation, so I made my decision based on my interest in Japan. From around 3 or 4 years old I was already watching anime like Detective Conan and Sailor Moon. As I grew older I began to read and watch more stories. The more I immersed myself into this culture the more I wanted to learn the Japanese language. Now the reason for this might sound a bit stupid but hear me out, this was a big issue back then. Since I couldn’t read or understand Japanese I had to rely on English subtitles or translations. In high school I really wanted to watch the Detective Conan movie that usually came out in April, but there was no subtitled version until October. This six-month wait was so unbearable it motivated me to seriously learn Japanese so that I could watch the movie as soon as it came out. One of the requirements for my major in Todai was compulsory Japanese lessons. I thought this was perfect. If I went to Todai I could learn the language, earn credits while doing so and have access to all the original anime and manga.

Yep, long story short I decided to come to Japan and to Todai mainly because of Conan. Guess what, I entered Todai in October 2014 and in April 2015 I strode into the cinemas and watched the 19th movie 業火の向日葵 (Sunflowers of Inferno.) Didn’t understand 40% of the story, but I was too happy to care.

Thanks to my decision I have made incredible friends and memories at this university. It’s really funny thinking about this now because I can’t imagine spending my undergraduate days anywhere else.

 

What’s the most impressive thing?

The thing that surprised me at the start was how great everyone’s English was. When I first came to Japan I knew very little Japanese so when I conversed with the domestic students I would often have to add bits of English in my speech. Nearly every time my conversation partner assured me that they understood what I meant when I spoke English. I was impressed and relieved. Later I found out that there was an English section in the Todai entrance exam and was even more impressed.

Continuing on, the next thing that surprised me was that despite everyone’s great English ability, many were shy about using it. I could understand where they were coming from, because when I first began speaking to native Japanese students in Japanese I was quite nervous. Constantly worrying about pronunciation, grammar mistakes and creating awkward pauses because I needed time to think… However after I joined a bukatsu and was forced to speak Japanese nearly everyday I no longer cared about all that. Everyone in the club was kind and considerate of my language ability. Gradually I saw no need in criticizing myself over every small mistake. Based on my own experiences, now when I speak with Japanese students in English I make sure that they know I do not care about their mistakes, and encourage them to speak to me. I know that the more they practice the more confident they would become.
The domestic students in my classes and in my club have great English skills! Please don’t be shy and come speak to me!

 

What’s your dream in the future?

I do have a plan for the future, but I am open to trying out various other options. All know for certain is that I want the future to be a carefree one, where I get to do the things I enjoy and have the ability to pay the bills in the process. It is also a dream of mine to buy things without looking at the price tag, (笑) and have the ability to help out the people closest to me when they are in need. To achieve these I suppose I would need to find a pretty high paying job…

Jokes aside, I don’t envision myself working for anyone in the long run. My parents have mostly been self-employed. They now have their own businesses. Watching them I know that owning a business is not an easy task. They get up at 6 am, come home at 8pm and work 6 days a week. Despite the long hours and modest income, I greatly admired them while growing up. There was a freedom that they had while being their own boss, such as getting to decide the opening hours of their stores, the prices of the products and how long the Christmas holiday was going to be. I want to have that freedom too and have control over my own lifestyle. This doesn’t mean I will stay away from working in companies and I do picture myself doing so in the near future. However ultimately I would love to be the boss of my own business, even if it’s just a little store in the heart of New Zealand.

 

Message ‘Girls Be Ambitious!’

I think being a Todai girl is a special thing because there are so few of us. It makes us stand out in society. There are mean jokes such as “Todai girls cannot get married” but that is simply absurd. I think all the girls I have met at this university are ambitious and most are bold and confident. I also know many of us have our feminine side along with our brains.Let’s believe in ourselves and prove those who make those jokes wrong.

 

Thank you, Zhuxi!

 

「Girls Be Ambitious!こんな私も東大女子」はコンテンツを募集しています!

くわしくは、こちら。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です