天は二物も三物も与える!NHKWorldキャスター、卒論授賞、、、挑戦を続ける超スーパーガールWinnie

今回は、台湾からの留学生Winnieです。NHKWorldのキャスターとしての出演機会を自ら行動して掴み取り、ついこの前卒論で「Award for Outstanding Thesis」を授賞した、超スーパーガールの挑戦を、是非とくとご覧あれ!

(訳・中小路葵)

なんで私は東大に?

小さい事から言語に興味があり、中学校の時週末の日本語学校に通っていたので、日本語を習得するのに、日本に住むのが良いと思いました。

私にとっては英語も日本語も母語ではなかったので、PEAKはどっちの言語も学ぶチャンスだと思いました。

そして、もともと留学に興味があって、東大はアジアでトップの大学だったので、東大に来ました。

卒論でAward for Outstanding Thesisを授賞されたようです!!!!すごっ

 

最も心に残っている事は、NHKWorldのレポーターをやった事

心に残っている事は、沢山ありすぎました笑。

ジョンズホプキンス大学での留学や、韓国でのサマープログラム、日本人学生と交流した事、いろーんなバイトをしてみた事。

 

しかし、最も心に残ったのは、NHKWorldのTOKYOEYE2020でのキャスターをやった事でしょうか。

2年生の時取材がPEAK生にインタビューをしに来た頃、私は色んな事にチャレンジしたかったのですよね。

それで、学校のカフェでディレクターにばったり遭遇して、勇気を振り絞ってインターンかアルバイトの機会はないか声を掛けてみたのです。

そしてら、彼は私にレポーターとしてのポジションに応募したらどうかと背中を押してくれました。

しかし、彼の仕事や私の留学予定といったスケジュールの都合で、プロデューサーとの面接のタイミングが合いませんでした。

 

留学の終盤、私が日本に帰国する頃、私はあのディレクターにもう一度メールをして、レポーターとしてのポジションに興味があると伝えました。

彼はそこで、プロデューサーとの面接をセッティングしてくれました。

 

そしてついに、2年越しに、アルバイトのバイリンガルレポーターとして働き始めたのです!

こんな事が起こるなんて、夢にも思いませんでした。もし、ディレクターに遭遇しなかったら、もし彼に話しかける勇気を奮い立たせなかったら、もし彼とコンスタントに連絡を取ってなかったら、こんなことは起こりえなかったのです。

 

この経験のおかけで、私は、どんなチャンスに対しても前もって行動する事の偉大さを信じるようになりました。

 

NHKWorld TOKYOEYE2020でのキャスター

 

将来は公的機関と知見の橋渡しをしたい

将来は、WHOのような国際機関で働きたいです。また、「国境なき医師団」でセラピストとして働くことにも興味があります。

メディアが、最先端の科学的な知見と互いに影響し合うようなフィールドで働来たいと思っています。

上記のレポーターとしての仕事は本当に楽しく、そこで自身がメディアとコミュニケーションに興味があると気付き始めたのです。

同時に、私はやはり学問、科学が好きなので、専門的な科学者と、大衆を結び付けられるような仕事が面白いと思います。

だから、私は最も進んだ医療知識を、最も正確で、最も人を惹きつけるような方法で結ぶ橋渡しをしたいと思っているのです。

 

@駒場キャンパス

 

‘Girls Be Ambitious!’

人生はたった一度しかありません。

自分がやりたい事を追求しない理由なんてないでしょう。

妥協はしないように。そして、自分のポテンシャルを過小評価しないように。

 

Winnie, ありがとう!!!

「Girls Be Ambitious!こんな私も東大女子」はコンテンツを募集しています!

くわしくは、こちら。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(Original)

What brought you to todai?

I was interested in language since I was little, and I went to weekend language school for Japanese when I was in middle school. Therefore, I thought that it would nice to live in the country in order to reall master the language.
For me, neither English nor Japanese is my native language, so the PEAK program would provide me with a chance to practice both my English and Japanese.
Also, I have always been interested in studying abroad, and Todai is the best school in Asia.

 

Whats the most impressive experience at Todai?

There are just too many wonderful experiences, including studying abroad at Johns Hopkins, doing a summer program in Korea, interacting with Japanese students, taking on all types of part time jobs.

However, if I have to choose one, becoming a reporter at TOKYOEYE 2020, NHKWorld is probably the most impressive one.

The show came to interview PEAK when I was in my sophomore year, when I willing to try out all different things. I ran into the director at the cafeteria, and made up my mind to take the initiative to talk to him about opportunities of internship or part-time job. That was when he encouraged me to apply for the reporter position. Due to scheduling issues (his work, my study abroad plan), I missed the time to have an interview with the producer.

When I was about to come back to Japan from my study abroad program, I emailed him again and told him about my interest in becoming a reporter. He then arranged for an interview between me and the producer.

Finally after 2 years, I started working as a part-time bilingual reporter. I never thought that this would happen, if I had not run into the director, if I had not taken the courage to approach hi, if I had not constantly kept in contact with him. It made me believe that it is all about being proactive in any opportunity and any chances.

 

What do you want to do in the future?

I want to work at international organizations such as WHO. I am also interested in working as a therapist at MSF (Doctors without borders).

I would be looking forward to working in the field where media interacts with professional scientific knowledge. I really enjoyed my job as a reporter, and that’s where I started to realize that I’m interested in media and communication.

At the same time I’m still into academia and science, so I thought that doing some type of work that can connect scientists (professional) with the larger public would be interesting.

I would like to be the bridge that connects the public with the most advanced (medical) knowledge in the most correct, concise and interesting way so that people will be curious and willing to know about it.

Message ‘Girls be ambitious’

You only get one life, there is no reason that you don’t aim for what you like to do.
Do not compromise.
Do not underestimate your own potential.

 

 

Thank you Winnie!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です