女性たちよ、大きな夢を、そして奇跡を信じよう!留学生Bipasha「なんで私は東大に!?」

今回、前回Helenの記事に引き続き、インドからの留学生Bipashaにお話を伺いました。すごく可愛い彼女が日本で見た事学んだ事、そして「Girls Be Ambitious」なメッセージに、やはり心が震え続けました。女性たちよ、大きな大きな夢を見よう。そして、奇跡を、魔法を信じよう!

 

(訳・中小路葵)

なぜ日本へ、東大へ?

ちょっと面白くて変なのですが、東大に出願した大きな理由の1つは、夜神月(ヤガミライト)とデスノートのエルが大好きで、彼らが東大に行っていたからです。

それ以外には、私は中学、高校と日本語を勉強してきて、日本語という言語が大好きだったから、すごく日本で勉強したかったんです!

 

最も印象的な事は?

「’ベスト’である事がどれだけ難しいか」に気付いた事です。

東大はベストオブベストであるはずで、しかし多くの問題を抱えています。そして、インターナショナル生と日本人生徒の間の’壁’を築いていたのは、生徒自身だったのです。

遠くから見ているときは時は完璧に見えたものも、近くで見るとそうではない

それから、遠くから見ているときは時は完璧に見えたものも、近くで見るとそうではない事に気付きました。

私がインドにいた時、私は日本は完璧な国で、社会問題なんてそんなにないと思っていました。でも、ここに住んで勉強すると、実際は、例えばジェンダー問題などで日本はインドより状況が良くないと知ったのです。

日本で過ごした時間はインドに対して新しい見方を提供してくれました。日々の葛藤から自分自身を解放し、より大きな像を見ることができたのですね。

 

そんなBipashaの将来の夢は?

私は、ジェンダー学の教授になりたいのです。

そして、この学問に関する授業がとても限られている私たちの大学に変革を起こしたいです。私は、より多くの人々にジェンダーを理解して頂けるように働きかけたいですし、より男女平等な社会を作る為に一緒に頑張りたいです。

 

「Girls Be Ambitious! 」なメッセージを

“Those who don’t believe in magic will never find it”

「魔法は信じる人にしか見えない」

これは私の大好きな作家のロアルド・ダールが言っていた言葉です。
私は、この言葉は、本当に私たち女性にとって重要だと思います。なぜなら、この世の中の多くのものが私たちにとって手に入らないように見えるからです。

私たち女性の夢はしばしば、社会によって小さく縮こめられてしまって、目標を達成するためには奇跡が起こらないといけないような気さえしてしまうのです。

それなら、なんで奇跡を信じないのでしょう?

女性が出来ない事、すべきでない事を言ってくる人々は十分にいます。そんな人々に加担するかわりに、私たちは自分たち自身を信じるべきです不可能に見える事だって可能だと信じるべきです。こういった事が現実になるために、私たちの社会は、総理大臣にだって、実業家にだってなりたいと夢見る女性がもっともっと必要なのです。

 

Bipasha、ありがとう!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Original text

-what brought you to todai?

This might sound funny and unusual but one of the main reasons I applied to Todai was because I loved Yagami Light and L from the manga Death Note and they were attending “Todai.”

Aside from that I really wanted to study in Japan because I had been studying Japanese in middle school and high school and I loved the language!

 

-what’s the most impressive thing during your exchange exploration?

I think the most impressive thing was that I realised how hard it is to be the best.

Todai is supposed to be the best of the best and yet there are many problems with Todai and its students such as the “wall” between international students and ippansei or the gender ratio!

I also realised that sometimes when we look at things from far away they can seem perfect but when we have a closer look we can see that it may not be so.

While I was in India I thought that Japan was perfect and free of almost all social problems, however, after studying and living here I discovered how Japan was actually doing worse than India in some cases such as gender equality.

My time here also gave me a fresh perspective on India as I was able to distance myself from the everyday struggles and observe the larger picture.

-what do you wanna do in the future?

I want to be a professor of gender studies and try to make a change in our universities where courses related to this field still remain quite limited.

I want to encourage more people to be involved in understanding gender so we can work together to create a more equal society.

 

-Message ‘Girls Be Ambitious!’

“Those who don’t believe in magic will never find it”

This is a quote by one of my favourite authors, Roald Dahl.

I think these words are really important for us girls because a lot of things in this world can seem unattainable for us.
Our dreams are often kept small and constrained by the society and we are made to feel that we would need miracles in order to achieve our goals.

So why not believe in miracles?

There are enough people to remind us about what girls can’t or shouldn’t do.
Instead of joining such people we should believe in ourselves, believe that even dreams that may seem impossible can come true.
Our society needs more girls who dream freely about wanting to become the prime minister or a successful businesswoman in order for these things to become a reality someday!

 

Thank you, Bipasha!!;)

 

「Girls Be Ambitions! こんな私も東大女子」メディアコンテンツ募集しています!

ご興味のある方はこちらのフォームより、ご連絡ください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です