東大女子ハッカソン「夏を、おもしろく」する「ホタルで思いを伝えるアプリ」を開発!

今週末、「東大女子Tea Time Hackathon」が開催されました。
ほぼ全員プログラミング初めての約40人9チームがアプリ開発に挑みます!

場所は、六本木ヒルズ森タワー43階、Google Japanオフィス(わお)。

そんな今回のハッカソンのテーマは、、、

「夏を、おもしろくする」

!!!!!!!!

そこで、私たちが開発したアプリの出発点は、、、

「好きな人を花火に誘えるアプリ」

大好きな人と花火に行ける、これって夏をめちゃくちゃおもしろくしてくれるではないですか!!!!

東大の情報理工学系研究科とgoogle、そして超豪華企業の協賛のおかげさまで、全4日間、非常に充実した時間を過ごさせて頂きました。本当に恵まれていると思います。

開発の様子 ※写真の提供元はTea Time Hackathon運営委員会です。

土日ののどかなヒルズのお部屋で、昼も夜も美味しいものを食べさせて頂き、タダで、コーディングの基礎から、東大i.shoolなどでも講演をなさっていた方のアイデアワークショップを受けさせて頂くんです。
ついでに、キルフェ○ンのケーキまで。さすが、’Tea Time’ Hackathon。

 

テーマ「夏を、おもしろくする。」のアイデアパーティー

まずは、アイスブレイクも兼ねたチーム名決め。
チームは1~4年生の4人組み+メンターさん(男性w)
やんややんや。私たちのチーム名は、

「ビーチぴ」

!?!?
謎でしょー?
なんだっけな、私が「わたしビーチパーソンなんだよね」(シティライフあんま興味なくてビーチが大好きなのですTT)って言ったのをきっかけに、複数形の「ビーチピーポー」ってなって、「ビチピ」になりました。
でも、「なんか響きがな〜」ってなって、最後に「ビーチぴ」になりました。あんま変わんないか。
てきとー笑笑

※ちなみに、パリピな訳ではないです、ほんとに!TT

てな感じで、最初からいやに盛り上がってた私たちです。

 

いよいよ、アプリのテーマはいかに、、、?

アイデアワークショップの後、いよいよアプリのテーマ決めへ!

「夏を、おもしろく」するアプリとは。。。
習ったことを生かすべく、まず「夏」の要素を書き出して、特徴を抽象化して、「生活」の要素書き出して、夏✖️生活を強制発想して、、、ってやってたんだけど、なんかうーん。。。

えいやーーーで、フレームワーク離れ始めたら、ちょー楽しくなってきた!!!ww

よく読まれると恥ずかしいくらいの、みんな欲望のかたまりww

みんなの欲望のかたまり。

中でも、私たちは(特にわたしが笑)

「好きな人と花火に行けたらその夏最高に面白いよね!!!」

と。
誘いたくても、誘えないじゃないですか〜。だから、アプリでロマンチックに誘えたら良くないですか!

ちなみに、他にも良いアイデアたくさんありました。
1年生のRちゃんとか、「入道雲が顔に見えたら」とか「満員電車でビーチの波の音が聞こえたら」とか可愛いんです。
ちなみに、メンターさん(院生男子)もちょいちょい面白い妄想挟んでくれて、面白かったです笑。(なんだっけな、花火がロマンチックなのは、暗い中で顔が一瞬花火え明るく照らされるからだ、だからスカイプ電話であえて暗くしてたまにフラッシュされたらロマンチックで遠距離恋愛も続くんじゃない、的なwwwこれは爆笑したわwwwww)

てなことで、私たちは「大好きな人を花火に誘える」アプリを作ろうと動き始めました。

「ほんと欲しいわ、このアプリ」って思ってにこにこ(にやにや?)。苦労を知らず夢ばかり膨らむ開発開始前。

 

ついに、我々のアプリが!!!!

本番ハッカソンは2日間ですが、その前2週間、ちょこっとずつ開発を進めてました。

で、いよいよ出来上がったのがこちら!!!!

「ぽたる」!!!

 

この過程は、まさにトライアル&エラーの繰り返しですね。

メッセージを運んでくるホタルの動きが速すぎて、”蛍が飛び散ってる”事件
最初に取ってきたコードの関係上、直しても直しても、ホタルをタップすると、”夜空に犬(のイラスト)が浮かぶ”事件

わたしは、”ホタル飛び散ってる”とか言って爆笑してましたけど、Sちゃんなんか6時間以上ずっと画面見て、ひょーひょーと色々直してくれて。

わたしは、「これまじリリースしたいわー。絶対ヒットすると思うんだよね!!」って、プロダクトが進むたびに熱っぽく興奮してる、完全に旗振り役で、実際のコードはほとんど他のメンバーがかいてくれました。
役割は、辛いバグ調整を笑いに変えて(にしても、黙々と耐えてた時もあると思うのですが)、たまにお菓子を配ることですね。あとは、誰よりもアプリの完成を待ち遠しく思っていた笑。まったく。
ま、プレゼンは好きなので、唯一ちゃんとバリュー発揮できるところです笑。

想定の利用シーンは、若干変更もありました。
よくよくユーザーの動きとアプリの性質を考えたら、誘う場面より、むしろ花火見ながら思いを伝える時の方が使えそう、となったのです。
(これ、位置情報でメッセージを送受信するので、「誘うまではラインとかで頑張って」ってなりました笑)

私たちが想定する利用例とは、

1. 告白したいけど、できないよ。でも、大好きなこの人に思いを伝えたい!

’夏の夜、大好きな人と花火に。隣にいるけど、思いを伝えるのって難しい。
で、花火の合間に、「ちょっとぽたる見てみて。」
蛍が運んできたメッセージを開くと、「とても好きです。」
でも、そのメッセージは蛍の光と同様、儚く消えてしまうのです。’

好きな人に思いを伝えられる、これって「夏を、おもしろく」しませんか?

2. この瞬間を、この人たちと楽しみたい!

’好きなロックバンドの野外サマーライブ。
周りには同じようにそのバンドが好きな人が楽しそうに音楽に乗っていますよね。
そんな時、『ぽたる』で「最高!」って気持ちや、「この後一杯どーですか?」といった誘いのコミュニケーションを行えれば、イベントが何倍もおもしろくなること、間違いなし。’

その場で新しい出会いと気持ちの共有、これって、「夏を、おもしろく」しませんか?

このアプリ、めっちゃ欲しいのですけれども!!!!

ほんとは音楽とか流せたり、写真動画も送りたかったり、普通に個別メッセージ機能つけたり、まだまだ機能をつけて本当に出してみたいです!
2日間では足りないですね〜。

 

おまけに、賞まで!

最終プレゼンは、他のチームのアプリの説明が聞けて、本当に本当に楽しかったです。どれも、個性たっぷりで最高!!

最優秀賞は、「流れ星で願い事を飛ばして、匿名の人と願い事を交換するアプリ」でした!自分の願い事が誰かの励みになったり、誰かの願い事を読んでクスっと元気になったり。ロマンチックで素敵~☆ 賞品のディズニーランド楽しんでくださいね!

なんと!!我々「ビーチぴ」は、企業賞GET!!GREEさんから素敵なプレゼントを頂きました!!!Itunesカード15000円(GREEのゲームに落とすかは疑問ですが!笑)と、GREEのVR体験&お食事会です~♪

GREE社員さんたちと。VR&お食事会楽しみにしてます~♪
実際のリリース頑張ろうね~!花火は間に合わずとも、「クリスマスのイルミネーションを誘う」くらいまでには間に合わせましょー!これからもよろしくです!^^

 

これも「アプリ開発ハッカソン」です!

てな感じで、「アプリ開発ハッカソン」と聞くと、めちゃごついイメージで、コードとかほぼ触ったことないわたしはビビリまくって参加したのですが、とてつもなく楽しくて、濃い全4日間でした!!!

何より、メンバーに本当に恵まれました。個性豊かで、バランス取れていて。
全員ほぼコーディング初めてなのですが、なんかおかし食べてる間に進んじゃうくらい上手。
そして、何よりめっちゃくちゃ粘り強いほんと尊敬します。何度も「すごいわーーー」を連発してました。年とか関係ないね!

本当に、楽しくて楽しくて仕方がない時間をありがとうございました。

最後に、この企画の親玉である東大の川原先生と運営委員会さん、協賛で4日間絶やさないお菓子とともに素敵なヒルズの一部屋を貸してくださったGoogleさん、新品のエクスペリアを提供してくださったソニーモバイルコミュニケーションズさん(「エクスペリアTouch」の奇跡についての講演、とてもよかったです!)、GREEさん、メルカリさん、ウルシステムズさん(10分ピッチが最高でした。刺さりまくってました)、コグニティさんどうもありがとうございました!

 

本当に、どうもありがとうございましたー!^^

 

(教養学部国際関係論コース4年 中小路葵)

 

「Girls Be Ambitious! こんな私も東大女子」コンテンツ大募集中です!

少しでもご興味のある方、ぜひこのフォームへご記入お願いします!匿名可です!
https://goo.gl/forms/XoSQmQw93VXhFjwv2

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です