なんで私は東大に!?未来のCEO留学生Helenの思いとは

今回は、台湾人で上海生まれ、広州育ち、ニュージーランドの高校から東大に来て、アメリカのイェール大学院に行く、留学生のHelenにお話を伺いました。

一緒にビジコン的な授業でチームを組んだのですが、めちゃ切れるんですけど、どことなく互いに似ている所を感じて仲良くなり、いろんなもの食べに行きましたね笑

そんな彼女も出国直前。将来に向けた力強い言葉に、私はただただ心が震えました。

(以下、訳・中小路葵)

1. なぜ日本へ、東大へ?

ニュージーランドの高校に通っていたのですが、そこが東大の進学校みたいになっていたのです。毎年10−15人くらい東大に合格していました。16歳の時、校長先生が他の欧米の大学とともに東大も受けてみたらどうかと勧めてきたのを覚えています。残念ながら、他の大学には合格しなかったので、日本に行ったことも日本語も勉強したこともなかったけど、東大に行くことに決めました。こうして、17歳の時、東大に入学しました。

2. 留学して良かったと思った瞬間は?

初めて駒場食堂の二階でランチした時!笑

私の学食の印象は、それはもう、最悪の最悪でした。。。
東大にくる前は、学食なんて世界で一番嫌な場所って思ってたくらいですもの。
でも、たくさん種類があってどれもめちゃ安いってわかった時、すごく安心した。日本の料理を低価格で食べられるってことに幸せを感じたのかもしれませんね。

他の瞬間は、友達とご飯に行く時です。食好きの人にとって、東京は間違いなく天国ですよ。素敵なレストランやバーがありすぎて、4年じゃ全然たりません!!!笑

3. 将来はどんなことしたいの?

将来は起業したい!

この9月に東大を卒業して、イェール大学の大学院に経済を学びに行きます。

向こう数年は、環境経済に焦点を当てて、どうやって民間部門の持続可能性やCSRプロジェクトを改善できるのかを学びたいと思っています。

そのあとは、グリーンコンサルティングをやっているコンサルティング企業に入ることを考えています。

そして、将来的な夢として、起業家になりたいんです。

なぜなら、人生ずっと、誰かの為に働いて、企業によって’消費’されたくないんですよね。たぶん、レガシーから解放されたいんだと思います。

その事業は大きくなくても良いかもしれない。でも、少なくとも、私の周りの環境を変えることに貢献したい。

これは大げさってわかってるけど、でも、私は世界を変えたい。社会に貢献したい。私には、教育を受け、他の国に住むチャンスがあって、これってすごく恵まれてる。だから、これを社会に還元したいんです。

4. ‘Girls Be Ambitious!’ な一言を!

‘Be the person who you want to be, don’t be the person who they you to become’

’なりたい人になろう。人がなりなさいという人ではなく。’

Helen, ありがとう〜!!

私は、ヘレンのお話を聞いて、本当に心震えました。

これからもお互い頑張ろう〜!!

 

「Girls Be Ambitous! こんな私も東大女子」はコンテンツを募集しています!

こちらのフォームからお気軽にご連絡ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Original

1. Why did you choose Japan and Today?

My high school in New Zealand is kind of like 東大の海外進学校. Every year we have 10-15 students get accepted by 東大.

I remember when I was in high school, my school principal recommended me to apply for 東大 along with other western universities. At the time, I was only 16 years old. Unfortunately, I couldn’t get accepted by my dream school so I thought going to Todai might be better a choice (even though at the time, I have never been to Japan and have never studied Japanese)…

so when I was 17, I entered UTOKYO

2. What’s the most impressive moment for you?

初めて駒場食堂の二階でランチした時!笑

My impression for dining hall food has been really really really bad. Before coming to Todai, i believed that the dining hall food is the worst in the world…but when I realized that there are so many varieties and they are so cheap here(comparing what I had in New Zealand), I was quite relieved …
I guess the idea of having Japanese food at affordable price made me feel so happy LOL.

Another 瞬間 is whenever I eat out with friends.
Tokyo is undoubtedly one of the best cities for foodies: there are so many good restaurants and bars.
four years were not enough for me to explore…!

3. What’s your dream in the future?

I am going to graduate from todai this September. From this august, I am going to Grad school at Yale to study Econ (international and development economics).

My short term plan is to focus on environmental Econ and also learn about how to improve the sustainability practices and CSR projects in the private sector.

From there, I am thinking of entering consulting companies that are related/have provided green consulting services.

In the long run, I want to become an entrepreneur because I do not want to work for others for my entire life and be consumed by the hierarchy in companies. In a way, I want to leave a legacy–

It doesn’t have to be big but at least something that can help me change my surrounding environment.

I know this is very cliche, but I want to change the world and contribute to the society.
I want to give back because I am so fortunate to receive education and get to live in different countries.

4. Message ‘Girls Be Ambitious!’

‘Be the person who you want to be, don’t be the person who they tell you to become’

 

Thank you very much, Helen! and Good luck on everything!!

スポンサーリンク

“なんで私は東大に!?未来のCEO留学生Helenの思いとは” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です